労金から融資は難しい?

 

労金の融資は、会員にとっては非常に魅力のある使い勝手のいい融資商品だと思います。中でも団体会員になる事により、労金融資を他では得られない程の充実したサービス内容で提供されますから、会員にしてみると労金以外の融資は利用するのが馬鹿らしいと思うほどかもしれません。

 

しかし、労金の融資は確かに低金利で会員には大変魅力ある融資商品ですが、

 

 

実際融資を申込む事により「本当に借りられるか?」という部分は疑問です。


融資がいくら魅力のあるものだとしても一般に「低金利=審査が厳しい」という事は常識ですから、労金といえどもやはり融資が100%行われる保証はありません。尚且つ融資を受けるともなると、

 

 

それに必要な書類も色々とありますし、それに伴い時間も掛かります


 

例えば、かなり時間をかけて融資を受けるべく必要な書類を集め、融資の申込申請をしたとしても実際融資がされるか否かは、最後でなくては分かりませんので、もしかすると時間だけをただ無駄にするという事も十分考えられます。

 

労金の融資は他にはない低金利さですし、団体会員には特に好条件での融資を提供しているので、それほどの融資商品を審査も素早くできるはずがないのです。

 

やはり融資条件の良いものほど、それに伴う審査は非常に厳しく時間もかかるものですから、労金の融資も同様に審査も厳しく時間がかかると考えておかなくてはいけません。

 

そもそも好条件の融資を提供する消費者の味方労金といえども、赤字ばかりを出す融資をするわけにはいきませんし、回収の見込みが無いのに貸すわけもないので、例え営利目的としていない労金とはいえ、審査は慎重に行い返済能力の低いと思われる相手には貸す事はないのです。

 

当然労金は、誰にでも審査を柔軟にして無理に貸さなくても非常に好条件の融資となるため利用者は沢山おりますので、やはり融資の伴う審査は時間をかけ、厳しいものにしているはずです。

 

つまり労金の融資とは、非常に魅力のある商品である事は確かですが、融資を申込むにあたり融資されるか否かは絶対ではなく時間をかけてもその努力が無駄になる事も多いに予測できるため、融資の必要性がある場合は、確実に融資をしてくれて審査もスムーズで早いカードローン等の利用も検討すべきではないかと思うのです。


絞り込み検索で労金以外のローンをチェック
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関