近畿労金

 

近畿地方の労金の窓口は近畿労金となります。

 

近畿労金は、みなさんもご存じの通り利益を目的としない金融機関であり、儲けない金融機関というコンセプトに融資を提供し、近畿労金独自の親しみやすさが際立つ労金となります。

 

この独自の親しみやすさのある近畿労金は、近畿ろうきんとひらがなで表記されている事が多いですが、この近畿労金は6つの地域を営業エリアとして網羅しています。

 

近畿労金が網羅する地域は、大阪をはじめ京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の6つの地域となり、各地域に窓口はありますが、やはり労金の弱点となる窓口数は少ない傾向です。

 

近畿労金が統合をしたのは、中央労金も早い時期ですが、近畿労金は中央労金とは異なり、様々な独自のサービスを提供しておりますし、またそれが近畿労金独自の特徴でもあります。

 

例えば、数年前には他行への振込手数料のキャッシュバックキャンペーンを設けたり、色々と魅力的なサービスを近畿労金では提供しております。

 

更に近畿労金の場合は、セブン銀行のATM提携だけでなく、入金ネットのステッカーが貼られている等の、どこのATMでも取引可能な事がわかるようにしており、そうしたところも近畿労金が使いやすさや便利さを工夫しているところだと思います。

 

尚且つこの近畿労金は、ろうきんギャラリー心斎橋等を創り、イベントやセミナー等も開催したり、地元のつながりを強化する事にも役立っている労金で、単なる町民会館的な役割というだけでなく、融資の相談も気軽にできるように色々と工夫しています。

 

例えば、ライフプランマネー百科と呼ぶシステムで融資をはじめライフプランのシミュレーションを行う事も出来るようになっており、こうした便利なサービスは、週末も利用可能な事から労金の融資に関する詳しい情報をそこから確認する事も出来、近畿労金は、地域に密着したサービスを心がけているところである事が総合的にみても伺える労金となります。

 

いずれにしても近畿労金は、地域に密着したサービスで地域を考えたサービスを提供しているといえますが、やはり労金は融資の審査においては厳しい傾向ですから、労金融資を検討の場合は、その「審査に厳しい」という部分もよく踏まえ利用は検討しなくてはいけません。


絞り込み検索で労金以外のローンをチェック
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関